出会い系で断られにくいLINE交換の切り出し方とは?

出会い系サイトで女の子と仲良くなってきたらLINEのIDを交換したいものです。
女の子との会話がよりリアルタイムになるし、ポイント制サイトを使っている場合はポイントの節約にもなります。
しかし、事を急ぎすぎると女の子に警戒されてしまい、せっかく手に入れたチャンスを逃すはめに…そんな不幸にあわないために、女の子とLINE交換するタイミングについて考えてみたいと思います。

話の所々で探りを入れる

サイトでメールを送り合うよりもLINEで話す方が軽快で楽な事は女の子も十分承知しています。
その上でLINEに移行しないのは、出会い系で知り合う男性に対して警戒心を抱いているからです。この警戒された状態でLINE交換を申し込んでしまうと高い確率で音信不通になってしまいますし、少なくとも雰囲気が悪くなります。

これを避けるために、直接LINE交換を申し込むのではなく

「LINEの方が話易いよね」
「~ちゃんもやっぱLINEとか使うの?」

という感じで、LINEに軽く触れる話題で相手の警戒心のレベルを探りましょう。
IDを知られる事に抵抗の無い女の子ならば、この時点で自分からIDを教えてくれることもあります。

こちらの事を聞いてくるようならチャンス

数居る男の中からあなたが女の子の興味の対象になれば、女の子はあなたの事を詳しく聞いてくるようになります。
仕事、年収、性格など一般的なものもあれば、年齢や身長でサバを読んでないか等、ネットならではの質問もあります。どんな話題であれ、女の子があなたの事を詳しく知りたがるようになったらLINE交換を申し込むチャンスです。

「LINEの方が僕のこと伝えやすいし、もしよかったら…」と女の子の警戒心を刺激しないよう、ソフトにお願いしてみましょう。

女の子が自分語りを始めたら大チャンス

女の子があなたの事を信頼して話し相手に選んでくれたらLINE交換を申し込む大チャンスです。
女の子が自分語りをするのはあなたに聞いて欲しいからであり、できるだけたくさんしゃべりたい状態です。こういう状態の女の子であればLINEを使ってリアルタイムで話せる方が自身にも都合が良いので、IDを教えてくれる可能性大と言えるでしょう。この時も、申し込み方はあくまで控えめに。
個人情報の交換に慎重な姿勢を見せれば、女の子からの信頼も大幅アップです。

おわりに

LINEや電話でリアルタイムに話せる状態は、ファーストメールをもらってから実際にデートに持ち込むまでの大事なつなぎの期間です。
女の子の警戒心も程よくほぐれていて仲良くなりやすく、成功は約束されつつある状態です。それだけに、一線をこえる時は女の子のガードが固くなる部分でもあるので、辛抱強く耐えて上に書いたようなチャンスの時を探って、待ってみてください。

実際に出会えてしまえば、あなたのペースで女の子を好きにできるわけですから、それまでは女の子ペースに合わせてあげましょう。